第2回「竹杖ノ会」-刻を継ぐ-展

出品作家:寺村里香/Rika Teramura・長谷川雅也/Masaya Hasegawa ・マツダジュンイチ/Junichi Matsuda・吉田眞理子/Mariko Yoshida・若狹悌尚/Yoshitaka Wakasa  ・和田ひとえ/Hitoe Wada

出品作家及び村田画廊メッセージ

物には必ず存在する理由がある。それがわかればもっとスッキリするのでは。
柔らかい画面、空間の占有。そこに在ることで、物の体積や重さ空間までも感じられる。
平面の形をとった立体作品になり得るかも。
絵に空間と奥行きとがでればいい。
マツダジュンイチ
There is always a reason for things to exist. If you understand that, it will be more refreshing.
Soft screen, occupancy of space. By being there, you can feel the volume and weight of things.
It may be a three-dimensional work in the shape of a plane.
It would be nice if the picture had space and depth.Junichi
Matsuda

紙に水を打ち、墨を注ぐ。やがて墨が散り筆跡が霞んで対象が消えてゆく。
薄くなった影を追ってひたすらにその作業を繰り返す。
あるべき心の響きを求めて…
若狭悌尚 
Sprinkle water on Japanese paper and pour ink. Eventually, the ink is scattered and the handwriting is hazy and the subject disappears.
The work is repeated earnestly following the thinned shadow.
In search of the sound of the heart that should be ...
Yoshitaka Wakasa

永年に亘り当画廊で開催致していました「不易流行」展(竹内浩一・村田茂樹)
の後継展覧会として両先生から薫陶を受けた精鋭6人による展覧会です
会を重ねるごとに成熟、発展する「竹杖ノ会」展になればと思っています。
村田画廊
"Fuekiryukoh" Exhibition (Koichi Takeuchi, Shigeki Murata) held at this gallery for many years
As a successor exhibition, it is an exhibition by 6 elite people who received scented pottery from both teachers.
I hope it will become a "Bamboo Wand No Kai" exhibition that matures and develops with each meeting.
Muratagallery

寺村里香/Rika Teramura「小さい星の花」

寺村里香/Rika Teramura「柑」

長谷川雅也/Masaya Hasegawa 「愁う」

長谷川雅也/Masaya Hasegawa 「泡」

マツダジュンイチJunichi Matsuda「集積」

マツダジュンイチJunichi Matsuda「光積」

吉田眞理子/Mariko Yoshida「桃」

吉田眞理子/Mariko Yoshida「小なす」

若狹悌尚/Yoshitaka Wakasa 「兆」

若狹悌尚/Yoshitaka Wakasa 「薫」

和田ひとえ/Hitoe Wada「山」

和田ひとえ/Hitoe Wada「山ー鳥のように、」

第1回「竹杖ノ会」-刻を継ぐ-展⇒

第3回「竹杖ノ会」展⇒