第1回「竹杖ノ会」-刻を継ぐ-展

出品作家:寺村里香/Rika Teramura・長谷川雅也/Masaya Hasegawa ・マツダジュンイチ/Junichi Matsuda・吉田眞理子/Mariko Yoshida・若狹悌尚/Yoshitaka Wakasa  ・和田ひとえ/Hitoe Wada

出品作家及び村田画廊メッセージ

「淡々と凛々と」20代の頃の私にはその感覚が正直よく分からなかった。「淡々」が冷めた印象で寂しく感じた。数年前に福島の枝垂れ桜をスケッチした。どんな環境の時も淡然と、どのような恵みにも泰然と同じ場所で咲く姿に淡々と凛々と在るには静かな意思と全てを受け入れる覚悟が要るのだと教えられた。
吉田眞理子
When I was in my twenties, I honestly didn't really understand that feeling. I felt lonely with the impression that "innocent" was cold. I sketched a weeping cherry tree in Fukushima a few years ago. It was taught that it is necessary to have a quiet will and a willingness to accept everything in order to be calm and dignified in the appearance of blooming in the same place in any environment.
Mariko Yoshida

惹かれるまま、心の向くままに、ただ描く。
私の希求するもの、無垢、調和、自由…、直接的でなくても、絵の中に描けていられたら、と思います。
和田ひとえ
Just draw as you are attracted and as your heart faces.
What I want, innocence, harmony, freedom ... I wish I could draw it in the picture, even if it wasn't direct.
Hitoe Wada

永年に亘り当画廊で開催致していました「不易流行」展(竹内浩一村田茂樹
の後継展覧会として両先生から薫陶を受けた精鋭6人による展覧会です
会を重ねるごとに成熟、発展する「竹杖ノ会」展になればと思っています。
村田画廊
"Fuekiryukoh" Exhibition (Koichi Takeuchi, Shigeki Murata) held at this gallery for many years
As a successor exhibition, it is an exhibition by 6 elite people who received scented pottery from both teachers.
I hope it will become a "Bamboo Wand No Kai" exhibition that matures and develops with each meeting.
Muratagallery

 

寺村里香/Rika Teramura「秋明菊」

寺村里香/Rika Teramura「優しい風」

長谷川雅也/Masaya Hasegawa 「鈴音」

長谷川雅也/Masaya Hasegawa「流路」

マツダジュンイチ/Junichi Matsuda 「刻」

マツダジュンイチ/Junichi Matsuda「面」

吉田眞理子/Mariko Yoshida 「会う」

吉田眞理子/Mariko Yoshida「待つ」

若狹悌尚/Yoshitaka Wakasa 「揺」

若狹 悌尚/Yoshitaka Wakasa「薫風」

和田ひとえ/Hitoe Wada「芦有の山」

和田ひとえ/Hitoe Wada 「薄暮」

第2回「竹杖ノ会」-刻を継ぐ-展⇒

第3回「竹杖ノ会」展⇒